着物レンタルのメリットとは?着物レンタルの選び方を知ろう!

皆さんは、着物レンタルを利用されたことはありますか?着物は日常的に着る物でないからこそ、レンタルで気軽に用意できることは利便性もありますよね。ここでは、着物レンタルのメリットや選び方のポイントなどをお伝えします。

着物はレンタルする?購入する?

着物レンタル

着物レンタルはとにかくお手軽で便利

着物レンタルの最大の魅力は、やはりお手軽で便利なところです。着物の保管や手入れなども自分で行う煩わしさもありません。また、着物を購入するよりリーズナブル価格でありながら、自分好みの着物を手軽に手配して着ることができます。

着物の購入は何度も楽しむことができる

着物を自分で一度購入すると、自分が着物を着たい時に何度も着ることができますよね。そこは、着物を購入する楽しさに繋がります。また、自分に合うサイズで着物を仕立てるので、体格に馴染んだ美しい着物姿も手に入れることができます。

着物レンタルのメリットとは?

着物レンタル

費用が抑えられる

着物レンタルの最大のメリットは、着物購入よりも費用を抑えられるところです。レンタル品なので、リーズナブル価格で素敵な着物をレンタルすることができます。

小物類も一式セットになっている

着物レンタルでは、着物だけのレンタルも可能ですが、大体は、着付けやコーディネートなど、必要な小物類も一緒にレンタルされています。足袋や襦袢などは購入する所もありますが、着物を着る際にこのような準備の手間がかからない点も着物レンタルのメリットです。

着付け・ヘアメイク・写真撮影も依頼可能

着物レンタルでは、大体どこのお店でも着付け・ヘアセット・写真撮影が可能です。着付け師、スタイリスト、カメラマンなどが在籍しており、プロによって着物を美しく着こなせ、また、素敵な思い出を形に残すことができます。

流行りの柄の着物を着ることができる

着物レンタルであれば、長くその着物を着用することは考慮しなくてOKです。なので、流行りのデザインの着物を選んで着ることも可能です。色や柄などに関しても、少し冒険することができるのも嬉しいポイントです。

着終わったら返却するだけでOK

着物レンタルの利用では、着物を着るイベントが終われば、レンタルした着物や小物類はお店に返却するだけです。なので、着物のクリーニングや保管の煩わしさが一切ありません。また、直接店舗へ返却することができない場合にも、配送で返却できるところもあります。

着物の種類と格式とは?

着物レンタル

既婚の女性の第一礼装が黒留袖で最も格が高く、続いて格が高い着物が色留袖になります。色留袖は準礼装なので、既婚・未婚に関係無く着ることが可能です。振袖は未婚の女性の第一礼装で袖が長いのが特徴です。訪問着は略礼装として既婚、未婚を問わず着用でき、色無地は一つ紋を付けると訪問着と同様に略礼装として既婚、未婚を問わず着ることができます。

参考にしたいお勧めの留袖

留袖は黒留袖とも江戸褄(えどづま)とも言い、既婚の女性の第一礼装です。上半身に模様はなく、裾まわりに模様があります。紋が背、両袖、両胸の5ヵ所に袋帯と和装小物と合わせます。結婚式や披露宴などにおいて、新郎新婦の母親、既婚の姉妹、親族、仲人夫人などが着用するのが一般的です。

ドレス感覚で着用できるモダンな黒留袖

新郎新婦姉妹などの若い既婚女性なら、留袖とはいえ明るく華やかな裾(すそ)模様を選びましょう。あまり着物を着慣れていないようなら、淡いピンクや紫のボカシに洋服感覚の楽器や洋花などがアレンジされた、モダンで現代的な模様を選ぶと若々しく着こなせるでしょう。また、新郎新婦の母親、仲人婦人、親族なら、品格のある模様と金箔が施された着物が落ち着いた美しさをかもし出します。金箔も後身頃まで施されたものを選ぶと、後ろ姿も豪華で引き立ちます。模様は松竹梅など古典柄に、正倉院模様の帯などを合わせると一段と格式が上がります。

参考にしたいお勧めの訪問着

訪問着は略礼装として、結婚式の披露宴、各種パーティー、色々な行事ごとなどに用いられることが多く、胸、肩、袖、裾などと模様が繋がっている着物になります。未婚・既婚に関係無く着ることができる略礼装の訪問着は、格式もあるのでどんな場面でも着ることができます。帯は、銀地にすると軽快な印象となります。

落ち着いたオシャレを楽しむ

若い方が慶びごとに着る場合は、淡いピンク、クリーム、グリーンなどがお勧めです。帯は、少しカラフルなものを用いると、全体的に明るい印象になります。また、少し年配の方は濃い目の着物を選び、帯を同色の濃淡にすると、優しい感じがコントラストの強いものにすることでメリハリがつきます。

レンタル着物の選び方のポイントとは?

着物レンタル

着物は身丈(みたけ)や着丈(きたけ)、裄(ゆき)が自分に合っていないとしっくりきません。身丈というのは、着物の出来上がりの寸法のことで身長と同じ丈になります。着丈は首の付け根から床にまっすぐ足首くらいまでの長さになります。裄というのは、背面の首まわりの中心から肩を通った袖口までの長さになります。あつらえる場合もレンタルする場合も、自分の体形に合ったものが着物姿を美しく見せる基本です。

帯の格を合わせる

着物を選ぶときは着物と帯の格を合わせることも大事です。フォーマルな着物には袋帯(ふくろおび)が適していて、生地は錦織り・唐織り・つづれ織りなど、金糸や銀糸が織り込まれています。既婚の女性は二重太鼓に未婚の女性は変わり結びにします。色無地、小紋、紬(つむぎ)には名古屋帯が適しています。同じ無地の着物でも名古屋帯よりも袋帯を用いると格が上がります。自分の体型や肌の色によって着物を選ぶ一般的に背が低めの人は柄が小さいものを背が高めの人は柄が大きめのものを選ぶとバランスがよく、また、やせた人は淡いクリームやピンク系の地色を、ふくよかな人は紺や黒などの地色が似合うと言われているので着物の色に悩んだらこういった部分を基準に着物を選んでみると良いでしょう。

肌襦袢(はだじゅばん)の着こなしが重要

着物姿が美しく決まるかどうかは、肌襦袢が大きな役割を果たしています。体型によってガーゼやタオルなどを使って寸胴にもっていく方が着物のシワが目立たず美しく見えます。正装の場合は長襦袢の衿がある程度抜けていた方がすっきり見えますが抜きすぎると品がなくなり老けて見えるので加減が大切です。肌襦袢と長襦袢がしっかり着付けられていると着物は美しく着付けることができます。正装の場合、振袖以外は帯揚げをあまり出さないように帯を胸高に結ばないようにしましょう。また、帯締めは変わった結び方ではなく普通にひと結びにしましょう。既婚の女性の場合は、シンプルに装う程に着物姿は美しく引き立ってきます。手を加えれば加えるほど子供っぽく間が抜けたように見えてしまうので注意が必要です。

着物の模様と季節にとらわれないように

着物の模様を選ぶ際に、季節感というものを考えてしまいがちですが、あまりとらわれる必要はありません。例えば、振袖や訪問着に百花と言われる模様がありますが、着物の中に四季の花々が色々描かれています。この模様と言うのは、季節よりデザインとして花々を取り入れており、夏の着物に雪景色や雪輪などが描かれているのは、見た目に涼しげに見えるからです。桜の模様も桜が咲いていない時期でも、春を待つ気持ちを着物で表現しており問題ありません。